楽天市場

ライキン 資源

ライキンで資源が重要なのは、誰もが感じることだと思います。建設にも必要、研究にも必要、部隊訓練にも必要、部隊の治療にも必要ですからね。

現実社会のお金のような存在です。


この重要な資源、すぐに不足しがちです。


戦争で重傷者が何十万人か出たときなど、「早く治療したいけれど資源が足りない!!」という状況に陥ったことが何度もあります。



そんなとき、焦って資源採集するよりも、もっと効率的に資源を溜める方法があります。



それが、課金です。



。。。。




というのは冗談で、「集結」です。




集結で得られる、「中級資源パック」が大変優秀なアイテムとなります。どれかの資源にランダムに変わるのですが、食料なら10,000です。

この中級資源パックが30個くらい手に入ったりします(集結での貢献度によって増減します)。


集結に1回乗るのに必要な時間は、5分間の集結なら、往復の行軍時間と戦闘時間を考えても10~20分ほどでしょう。

一方、資源採集で食料を30万集めようと思ったら、1時間くらいはかかりますよね。



ただし、難点があって、それは貴重な行動力を消費してしまう点です。つまり、集結は、行動力と引き換えに資源を得る行為なのです(得られるのは資源だけでなく、宝石や誓いの書も得られることがありますが・・・)。



同じく行動力を使って資源を得られる行為に、「野蛮人を狩る」というのがあります。こちらは、やってみると分かりますが、得られる資源の量が圧倒的に少ないです。

野蛮人狩りで得られる資源アイテムを使ってられる資源の量は、集結の10分の1くらいになります。



ここで、集結に1回乗るのに必要な行動力は、通常150ですが、討伐天賦持ちの指揮官なら140です。


一方、野蛮人狩りは1回あたり50が討伐天賦持ちだと40になって、さらに、部隊を戻さずに回数を重ねると30まで減らせます。なので、最小の30で考えてみます。

こうなると、行動力の消費が140と30で大きく違うので、野蛮人狩りの方が得?と一瞬思うかもしれません。


ところが、です。


仮に、集結1回に対して野蛮人を5回狩れるとしても、得られる資源の量は、集結が300,000だとしたら野蛮人狩りは30,000×5で150,000くらい。

あくまで私の体感での数値ですが、大まかにはこれくらいで間違っていないと思います。初級資源パックというのが、とにかくあまり足しになりません。




野蛮人狩りだと指揮官が経験値を得られて、集結だと得られないという違いもあるのですが、集結はアイテムで経験値が得られますし、経験値を与える対象が自分で選べるので無駄がありません(野蛮時狩りの場合は戦った指揮官本人にしか経験値がいきませんし、レベルが上限に達していると得られるはずの経験値が無駄になってしまいます)。




なので、行動力が必要な「カルラックの儀式」など一部のイベント開催中を除いては、浮いている行動力はとにかく集結に突っ込むのが正しいと思います。


そして、緊急時に助けてくれるのもやはり集結。経験上、急いで資源を集めたいなら集結に乗るのが一番早いです(課金、資源援助を除く)。